トラックの寿命はどれくらい?買い替えにいい時期はいつ?

公開日:2024/06/15   最終更新日:2024/06/20

トラックの寿命

トラックは、日本の物流を支える大切なインフラの1つです。トラック運転手の人の中には、相棒のように感じている人もいることでしょう。しかし、いつかは寿命がきて、買い替えを検討しなければならない時期がやってきます。そこで今回は、トラックの寿命の目安や、トラックの最適な売り時について解説をします。

トラックの寿命の目安

日本のトラックはその性能の高さから多くのユーザーに愛用されています。しかし、どんなに優秀なトラックでも、長年の使用によって寿命が来るのは避けられません。トラックの買い替え時期を見極めるためには、平均的な使用年数に関する情報を把握することが重要です。

トラックの使用可能年数の目安

国土交通省自動車局貨物課及び(社)全日本トラック協会が作成した『トラック輸送の実態に関する調査』の中に、営業所で使用されているトラックの平均使用年数についてのデータがあります。

この調査によると「10年以上15年未満」のトラックが全体の51.2%を占め、最も多いことがわかります。次いで「5年以上10年未満」が21.2%という結果になっています。このデータから、全体の平均使用年数は10.8年であり、平均的なトラックの使用年数はおよそ10年強と言えるでしょう。

走行距離も考慮するべき

また、トラックの一般的な走行距離数も考慮する必要があります。小型トラックの場合、約20万キロメートル、中型トラックでは40~50万キロメートル、大型トラックでは70万キロメートルが目安とされています。これらの基準を参考にすれば、トラックの買い替え時期をある程度予測することが可能です。

使用年数や走行距離だけで買い替え時期は決まらない

しかし、実際には多くのトラックオーナーがこれらの平均使用年数や走行距離を基にして買い替え時期を決めるわけではありません。その理由は多岐にわたります。

例えば、長年にわたって共に働いてきたトラックには特別な愛着があるため、単純に時間の経過だけで買い替えを決断するのは難しいことがあります。また、事業計画通りに運用していても、予期せぬ事故や故障が発生することも多々あり、計画通りに買い替えが進まない場合もあります。

維持費・修理費も考慮すべき

さらに、トラックの維持費や修理費も考慮に入れる必要があります。古いトラックは修理やメンテナンスにかかる費用が増える傾向にありますが、その一方で、買い替えにかかる初期費用も無視できません。特に中小企業や個人事業主にとっては、経済的な負担が大きいため、慎重な判断が求められます。

環境規制・技術革新も買い替えに影響を与える

加えて、トラックの買い替え時期には環境規制や技術革新も影響を与えます。近年では環境保護の観点から、より燃費が良く、排出ガスが少ない新型トラックが登場しています。これにより、古いトラックを使用し続けることが環境負荷を増大させるだけでなく、規制に適合しない可能性もあるため、新しいトラックへの買い替えが推奨されるケースも増えています

トラックの売り時はいつなのか

中古トラックの売却時(買い替え時)を考える際、市場の相場は常に変動しています。特に年度末には需要が急増し、2月から4月にかけて価格が高騰する傾向があります。これは企業が予算消化のために中古トラックを購入するためです。

しかし、需要と供給の法則による市場価格と実際の買い替え時期のトラック買取価格の上昇が必ずしも一致しないこともあります。現在、世界的な半導体や部品の不足により、トラックメーカーは減産を余儀なくされています。さらに日野自動車のエンジン不正問題により供給が逼迫し、新車の供給が減少しています。

このため、中古トラック市場では大型・中型トラックの在庫が減少し、買取価格が上昇しています。しかし、買い替え時期を見極めるのは微妙なものであり、適切な判断をするためには正確でタイムリーな情報が欠かせません。

信頼できる中古トラック買取業者との関係構築が、この情報を得るための有益な手段となります。需要と供給の変動や市場の動向を的確に把握し、良い条件でのトラックの売却と新車の購入を目指すことが重要です。

買取査定を受ける際のチェックポイント

中古トラックの買取査定において重要なポイントがいくつかあります。まず外装では、車体の清潔さと状態が大きな査定基準となります。傷やへこみがある場合、修理の必要性を査定士が判断するため、無理に隠そうとせず正直に提示することが勧められます。

特に足回りやマフラーなどの部分も重要であり、純正品に戻しておくことが望ましいです。内装においては、キャビンの清潔さと臭いの有無が評価に影響します。タバコや飲食物の臭いは避けるべきで、中性洗剤で徹底的に拭き掃除し、エアコンフィルターを新調することで改善できます。

さらに、取扱説明書や架装メーカーの書類も揃えておくことが重要です。これらの準備が整えば、買取業者との交渉においても有利な条件を提示できるでしょう。トラックが愛情を持って扱われてきたことが伝われば、より良い査定価格が期待できるかもしれません。買い替え時期を見極め、信頼できる買取業者を選ぶことで、最良の取引を実現することが可能です。

まとめ

トラックの寿命や買い替え時期は、使用年数や走行距離を基に一般的に判断されますが、それだけでなく所有者の事情や環境規制の変化も考慮が必要です。日本では平均的に10年以上の使用が一般的であり、中小企業や個人事業主にとっては経済的負担も大きな要因です。買い替えを考える際には、市場動向や買取価格の変動も把握し、タイミングを見極めることが重要です。また、トラックの外装内装の状態も査定に影響し、良好な状態で保つことが買取価格を高める秘訣です。信頼できる買取業者との連携を通じて、最良の取引を目指しましょう。

おすすめのトラック買取業者ランキング

商品画像12345
商品名株式会社磯山自動車販売トラック王国キントラシマ商会トラックファイブ
特徴創業45年、年間1,500台以上の買取実績!高価買取実績と豊富な販売経験を持っている!豊富な車種の高価買取が可能な対応力抜群の企業全国展開されているトラックのリサイクル店。買取満足度が高い!顧客に寄り添う買取スタイルを貫いて20年の信頼と実績
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事