トラック買取で得られるメリットとは?買取を検討すべきタイミングも解説

公開日:2023/07/15  最終更新日:2023/05/17

トラックの買い替えを検討している場合、現在所有しているトラックの売却方法には買取と下取りの2種類が挙げられます。買取と下取りにはそれぞれ異なるメリット・デメリットがあるため、自社の状況に合わせた方法を選択してください。今回はトラックの買取にフォーカスを当てて、メリットやデメリット、買取すべきタイミングなどを解説します。

トラックの買取とは

トラックの買取とは、自身の所有するトラックを中古車の買取専門業者に売却して現金を受け取る方法です。また、トラックを売る際の買取以外の方法として、下取りが挙げられます。下取りとは、所有するトラックを買い取ってもらい、代金を新しいトラックの購入費用に充てる方法です。

同じトラックの買い替えでも「買取」を利用する場合には、新しく購入するトラックを買取依頼した業者とは別の業者で選ぶことが可能です。対して「下取り」を利用する場合には、トラックを下取りしてもらう業者にて新しいトラックを購入しなければなりません。

買取のメリット・デメリット

トラックの買取には、さまざまなメリット・デメリットがあります。それぞれの具体的な内容は以下の通りです。

高額での売却が可能

トラックを手離す際に買取を選択する最大のメリットとして、高値での売却が可能である点が挙げられます。とくにトラック買取に長けた業者の場合、トラックそのものに関する知識はもちろん、中古市場で人気がある車種などについても精通しています。

下取りでは基本的に業者が提示する価格で売却することになり、中古市場での人気や需要などは金額に反映されないケースがほとんどです。そのため、同じトラックを売却するのであれば、下取りよりも買取の方が高く売却できます。

古いトラックでも買取できるケースが多い

トラック買取に精通している業者では、日本だけでなく世界中にネットワーク・販路を拡大しています。また、そのままトラックとして利用するのは難しい車両であっても、トラックを解体して部品として売却することが可能です。

廃車寸前に見えるトラックであっても買取できるケースが多いため、どうせ売れないだろうと諦めずに、まずは買取依頼してみるのがよいでしょう。

複数の業者を回る必要がある

トラック買取では高額での売却が期待できるケースが多いものの、すべての業者で必ず高く買い取ってもらえる保証はありません。

少しでも高く売りたいと考えるのであれば、複数の買取業者を回ってそれぞれで見積もりを取ることが必要です。そのため買取までに日数や手間がかかり、手続きを面倒に感じる人もいるでしょう。

トラックを使用できない期間が発生する場合がある

トラックの買取は下取りとは異なり、多くの場合、新しいトラックを別の業者で購入することになります。不要なトラックを売却するのみであれば問題ないものの、買い替えのために買取を利用する場合には、新しいトラックの納車日との関係から、トラックを使用できない期間が発生する可能性もあるでしょう。

業務で毎日トラックを使用する企業であれば、新しいトラックの納車日と古いトラックの引き渡し日との調整が必須となります。

買取の検討タイミングとは

「トラックの買取を検討すべきタイミングが分からない」という人いらっしゃるかと思います。買取を検討するタイミングに悩む人は、以下のポイントを参考にしてください。

トラックの寿命は走行距離によって決まる

トラックの寿命は車両の種類と走行距離によって決まります。小型トラックであれば10〜20万km、中型トラックであれば40〜50万km、大型トラックであれば70〜100万kmが買取タイミングの目安です。

もちろん、日々のメンテナンス状況や整備の頻度・内容によっても寿命は異なりますが、ひとつの基準として頭に入れておくのがよいでしょう。

不調が続く場合には買い替えを検討するのがおすすめ

エンジン・ギアなどの不調が続く場合は、修理に高額な費用がかかることもあります。不調が続いて修理代が嵩むようになったら、買取により新たなトラックを購入するのが賢明です。

買取が向いているケースについて

トラックを売却する方法には買取と下取りの2パターンがあります。買取はそもそも新しくトラックを購入する予定がない人にはもちろん、買い替えをする場合でも、少しでも高くトラックを売却したいと考えている人におすすめの方法です。

さらに、企業としてまとまった資金が必要となった場合に、資金確保の方法のひとつとしてトラック買取を利用するのもよいでしょう。

まとめ

今回は、トラック買取の概要やメリット・デメリットに加え、買取のタイミングや向いている人の特徴などを詳しく解説しました。トラックの買取とは、トラック買取の専門業者などにトラックを買い取ってもらうことを指します。

また、トラックの下取りとは、トラックの売却費用を新しく購入するトラックの代金に充てる売却方法であり、ひとつの業者で売却・購入の両方をお願いすることになります。

トラック買取のメリットは、下取りよりも高額での売却が可能である点です。また、業者独自の販売方法や販路を持っていることから、古いトラックであっても買取に応じてもらいやすい点も魅力です。

走行距離が長距離になってきた場合やエンジンやギアの不具合・修理が続く場合には、トラックの買取や買い替えを検討するのがおすすめです。

おすすめのトラック買取業者ランキング

商品画像12345
商品名株式会社磯山自動車販売トラック王国キントラシマ商会トラックファイブ
特徴1979年創業で特殊車両の買い取りも得意な老舗高価買取実績と豊富な販売経験を持っている!豊富な車種の高価買取が可能な対応力抜群の企業全国展開されているトラックのリサイクル店。買取満足度が高い!顧客に寄り添う買取スタイルを貫いて20年の信頼と実績
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

おすすめ関連記事

検索
【NEW】新着情報